このページの先頭です このページの本文へ
ここから本文です

スポンサードサーチ 「アドバンスドURLシステム」移行のご案内 スポンサードサーチでは2016年4月13日(水)より「アドバンスドURLシステム」の提供を開始いたしました。
スポンサードサーチはユーザーに誤解を与える広告をなくし、広告市場の健全化を推進いたします。また、URLの管理方法を変更することにより広告主様の運用工数削減を目指します。

新着情報

2016/10/21:配信停止・自動移行に関するFAQを追加

2016/10/11:配信停止のページに関する内容を追加、一括移行の提供終了について内容を追加

新着情報一覧をみる

アドバンスドURLシステムについて

「アドバンスドURLシステム」への移行はすべての広告主様にご対応いただく必要があります。

移行期間は2016年4月13日(水)-2016年10月です。期間内に移行を完了していただけますようお願いいたします。

スポンサードサーチでは市場の健全化の推進、および広告主様の運用工数削減を目的としURLの管理方法などの機能変更を含む「アドバンスドURLシステム」を提供開始いたします。
本ページでは、「アドバンスドURLシステム」の概要およびスケジュールについてご説明いたします。
「アドバンスドURLシステム」における変更内容については「変更内容詳細」ページ、実際の新規入稿・移行手順については「新規入稿・移行手順」ページをご覧ください。

アドバンスドURLシステムの概要(目的・変更点)

目的

  • 1.広告市場の健全性の向上ユーザーに誤解を与えるような広告を減らし、ユーザーがより安心して情報を受け取れる環境を提供します。
  • 2.広告主様の運用工数削減による効率的な広告管理リンク先情報やトラッキング情報を分割管理できるようになり、広告主様はより効率的な運用していただけるようになります。

変更点

  • 広告主様に入稿いただく項目を新設します。

1. 広告の健全性の向上

「なりすまし広告」などユーザーに誤解を与えサイトへ誘導するような広告をなくし、広告市場の健全化を推進します。

なりすまし広告の一例を挙げます。ショッピングサイトだと思って広告を押したのに全く関係のないアフィリエイトサイトが表示されてしまった場合、意図的にユーザーに誤解を与えて自身のサイトに誘導しているといえます。

それに伴い今後、以下を満たすことが必要となります。

・最終リンク先URLのページ、スマートフォン向けURLのページ、ユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページは、同一の内容であること

・表示URL、最終リンク先URL、スマートフォン向けURL、ユーザーが広告をクリックしたときに表示されるページのURL のドメインは一致していること

*ドメインとはインターネット上の住所です。

広告に表示されるURLと最終リンク先URLのドメイン(インターネット上の住所)の一致が必要となります。

2.広告主様の運用工数削減による効率的な広告管理

広告効果測定ツールなどを利用して、クリック情報などの広告効果をトラッキングを実施している場合、 URLに含まれるリンク先情報やトラッキング情報*と広告をクリックしたときに表示されるページのURLを分けて管理することが可能となります。 上位階層での管理により、構造的なURLの管理が可能になり運用工数の削減が見込めます。

*トラッキング情報とは、トラッキング用のパラメータや、広告効果測定ツールへのリダイレクト設定など

構造的なURL管理(例:広告)

広告グループやキャンペーンなどの上位階層での管理が可能になることで、煩雑さが解消されます。

運用工数の削減(例:広告)
広告の再入稿をせずにURL変更が可能に

従来の形式ではトラッキング用のURLやパラメータを変更すると再入稿が必要となるため、広告の配信が途切れる場合がありました。上位階層での設定変更を行うことで広告の再入稿が不要になります。

項目の新設

広告の健全性の向上と広告主様の運用工数削減を行うため、以下の項目を新設いたします。(階層によって設定できる項目が異なります。)

  • 最終リンク先URL(必須項目です)
  • スマートフォン向けURL
  • トラッキングURL
  • カスタムパラメータ

広告での入稿項目の比較

従来のURL形式と比べ、より分割管理が行いやすい形式となります。

広告管理ツールでの入稿項目比較(広告)

従来のURL形式に新規項目として入稿形式、最終リンク先URL、スマートフォン向けURL、URLオプションが追加されます。

スケジュール

2016年4月から9月までは移行期間で、従来のURL形式の入稿物も掲載は可能です。9月中旬から従来のリンク先URL形式での配信を順次停止します。

  • 2016年4月13日(水)アドバンスドURLシステム提供開始
  • 2016年6月29日(水)「一括移行」提供開始
  • 2016年9月1日(木)従来のURL形式での新規入稿を停止。(広告管理ツール、キャンペーンエディターが対象)
  • 2016年10月従来のURL形式での配信を順次停止。

※本サイトに記載しているスケジュールは変更となる可能性があります。

本文はここまでです このページの先頭へ